スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の空は僕の中 
いらついてものがかんがえられないとき…。



独りじゃないよ空を見上げてごらんこの空はきっとどこかでつながっている



つながっているけれど独りじゃないよっていうけれどナゼそんなこといえるの?



空を見上げてごらんって青い綺麗な空と白いふわふわな雲



事実としてあるのは空だけ



きみとつながりたいとき、誰かに助けてほしいとき、もう人が嫌いになっても実際側にあるのは無機質な携帯電話…。





空を見上げてごらんなんて

現実世界から逃げている駆け落ちした二人がいうコトバ?



空を見上げてごらんというまえにここにいなくちゃはじまらない





だから下を向くんだ煙草吸って

少し強がって



僕独りかもしれないけれどって…。



それから空を見上げればその上の煙の中になにか見つけたふりできる。その下のなにかにつまずくふりできるから





なにもみなくても、いろんなことかんじれるから…。



僕たちのやってることがまがっていたとしても



何か理由があると思う。





大人にも子供にも僕にもわからないわけが…。



関連記事
スポンサーサイト
 
secret

trackback url
http://46185.blog.fc2.com/tb.php/295-57145168

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。