スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄身がみむねに 

キミのような太陽。





さなとりぅむ-目玉焼きみたいな朝の太陽


蘇州夜曲


君がみ胸に抱かれて聞くは 

夢の船唄鳥の唄
水の蘇州の花散る春を 

惜しむか柳がすすりなく


背景にいろいろと考えるべきことはあるけれど、




それを覗いて 

ただただメロディーと単語がスキです。



キミ で 思い浮かんだので。

関連記事
スポンサーサイト
 
1 ■今度、 
その黄身を指でつまんだ写真を撮影してみてくださいw
2 ■Re:今度、 
>Toshiさん

指のささくれを治さねば。。
secret

trackback url
http://46185.blog.fc2.com/tb.php/250-e04bca23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。