スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここあ 
ねこばこでココアのんだら

なんかあったかくて

あまくて

あつくて泣き出しそうになった

スポンサーサイト
満月の夜 
満月の夜

苦しくなるから

けどあたしのせいじゃないから

あなたのせいじゃないから

すべてあのまるいつきのせいにしてしまいましょう

あしたの夜は

きっと不安も少しかけているよね

きっと…

あまのじゃくなまぞひすと 
やみよにむかって歩くためあるける道をつくるため工事現場にあかりをどもし

仕事おわって学校終わって

コンビニの前

冷たいじめんにこしをおろせば

夜が迫る

太陽が去る

街には居酒屋が目を冷まし

酒を飲んで時間が過ぎて

夜がが明けるまで煙草に火をともしたり

あかりに灯をともしたり

日常にさよならして息抜き一息入れますか



一息すこしの楽しみのため日常の苦労があるとすれば

わざと無駄に苦労しているとすれば

無駄な苦労は息抜くための贅沢品

無駄な遊びは無駄な苦労があって成り立つとすれば

無駄は無駄でなく

けれどむだなものを仕事に趣味にしている人間天邪鬼で

あたしは人間で天邪鬼

ついでにいえばわざわざコンビニの前にすわらなくてもお日様が消えてからおさけのまなくてもあたたかい家がある

酒は昼にのめるけど

そこからなぜかはずれたい

夜の街をさまようあたし

マゾヒスト



おやすみなさいをいうまえに 
こぶちゃをのんでねむります

あったかいかっぷを

ゅらしながら



おやすみなさい

またあした

さみしい 
さみしくて

くるしくて

こんなんもうこないとおもったのに

幸せと苦しみは比例ですか反比例ですか

ケムル 
海に浮かぶ光りがけむる

陸と陸を結ぶ橋に

てんてんと等間隔に光りが並ぶ

工場のしろいけむりと雨上がりの夜道と海とそのへんに植えられた木が

水蒸気を空にふらせて道路をちいさなミニカーがさえぎってたまにちかちかランプが光る

雨の海はもやと煙としろい吐息で

雲ってひかりがしろくくもって

窓はあたしの吐息で雲って

まどに泣いてる夜の海をみる目がうつって

不思議な気分になった気がした

日課 
このダイエットドクターペッパーでお薬をのんで眠るのが寝る前の日課です

ドクペは好き嫌いがとってもあります

私は通販で3ケース注文する程度に愛してます

ねむくなれなれ 
はやくはやく

いやなことから

ゆめのせかいよ

逃げじゃない

すこしあまえたらだめ?

おねがいはやく

眠らせて

夜になり 
一瞬思うことを書きます

いつも思ってるわけではないし

これが真実じゃない

現実ではない空想世界



迷惑かもしれない

わがまますぎるかもしれない

あたしをきらいかもしれない



真実を確かめたくなった時点でぜったい空想だよって立ち止まらないと

がけからおちてしまう

…………………………



いつもわらっていたいけど

それにはまだまだ修行足りなくて

なかなかココロはじょうずにうまくいきません

夜の風景 
夜のお部屋の

風景が好きです

時計の秒針の音が

心地よく聞こえる日は

ココロの調子がよい日です

空気の音が張り詰めて迫ってくる日は

ココロの調子が悪い日です

ほのかな灯りの下でまどろむのが

とてもここちよい

今日の夜のお部屋の風景です

秋の夜から 
緑色の泡が

黒豆とよくあいます

電波 
じっかのちかく

とても電波発信がんばっとるあんてなさんが倒れそうに

たたずむ



がんばれ



倒れそうになりながらいちをカラーテレビをうつしている

画期的なアンテナなのです

なんだかけなげで

あいしゅう

ただよってました

ふぉとあるばむ 
あなたがよろこんでくれたなら

あたしがたのしかったから

あなたがたのしかったなら

あたしもたのしかったから



まつげがきらきらで

しゃぼんだまがきらきら

またいっしょにしゃぼんだましてね

あやしいおとしごろ 
カプセルです

のみにくいです

でもすばらしく苦いお薬のときは

これがよい場合があったりします



昔のお話ですが

私のおばあちゃまが美味しい粉薬をくれまして(たぶん整腸剤)とても美味だったのではふはふ食べた記憶があります

特に体に異常はありませんでした

それいらい風邪シロップとか妙に好んで食す子どもになったらしいです



いまてもそのなごりかどうか

ドクタアペッパーとか外国の合成着色料てんこもりのチョコとか好きです



サッカリンという物質を知り、食べてみたいと ある人にモウシマシタトコロ

激しくとめらりました

しいでぃあある 
宝物をいただきました

みょちさん

ありがとう





ネコバコにて

まどろみちう

あまのじゃくな感情 
あたしはいつも天邪鬼さみしいふりして

病気のふりして

かなしいふりして

泣き虫のふり



けど涙はあふれる



さみしくない

かなしくない

くるしくない



そんなことない

ほんとは

さみしい

かなしい

くるしい



とてもとても幸せなのに…………

おはぎ 
今日はそばうちたいかいでした

おはぎがおいしゅうございます

不安 
きれいに塗装されていた毎日が甘かったらいいのに

記憶と言う過去のものは甘い甘い果実の皮でたまに傷で痛んだところがいたくいたく

洗い流さなくちゃいけない

たのしいのに

なにもしんぱいすることなんて

ないのに

毎日泣きやんでうさぎな目でねむる日々



ぎゅっとして

大丈夫だよって

[untitled] 
からみあったおとききたくて

あたしはピアノをひきます

あやつりにんぎょうみたいにうごいてくれればいいのになって でもてがもつれて

音ももつれて

いやだ

くるしいの

はなをいける 
試験管にうえてみました

おうちに帰る帰り道 
夜の街

そこはぴかぴかひかるまち



夜の町

闇が近づき

ちゃんと日がくれたら夜





街の夜はきれいだけど寂しくてどこかすきになれません






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。