スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨降りの日は夜+色は光と水の道 
雨降る夜の道路は

海の水面

雨ふる昼は 音に戯れ

グラスの氷 カラリと揺れる

暗闇を遮る大きな光

空に向かうコンクリートビル

タクシーの瞳は一斉に光り光る

雨と光りと夜道がオリナス

一夜 一時 その瞬間

………………………



ぼやけた視界

入ってくるのは光

出ていくのは水



とじた世界

開けるものは鍵

開くのは扉

開けたいのはあたし



繋ぐ鎖

かけるのは首

かけるのは手

かかるのはココロ



繋ぎたいのは手

繋ぎたいのはココロ

繋ぎたいのは世界



弾かれるのはメロディー

弾くのはあたし

惹かれるのは 存在

ヒキアウのは 手と手 目と目

欲しいのは鍵

開けたいのは扉

扉は固く 鍵はなく

闇は暗く 鎖は錆びる

想い 届けるのは コトバ 物 届けるのは 郵便やさん

届きたいのは 空

届きたいのは 光

届かないのは 完璧

光りは闇

時は魔法

君はドクヤク

過去は未来



あたしはあなた





永遠は一瞬





時のなかの宝石箱は

一瞬 一瞬 その一瞬

スポンサーサイト
ムキシツナモノ 
なんでもきって

きりとって

なんでもえぐって

つなぎあわせて

でもそれがすきで

そうされるのもすき

いちまいのかーどはナイフになって

はさみななって

ピンセットになって

分度器になって



あたしソレになりたい



新作 
風邪ひきひき

ながら

しんさくできました

めもすたんど です

ビー玉三個使用なので大きいメモはさめるのんっ



マスカラビューラー 
いくらお化粧してもうまくいかない

曇りぎみな空

曇りぎみなココロ



べつに悲しいことなんてないのに

なかなか青い空がでてくれないのん…



くつのひも 
きれてしまったくつのひも

このひもがミサンガみたいに

願いを叶えてくれますように

どうかどうか…



空白の六時間 
一日の4分の1

幸せな時で寂しいとき

おとなじゃないしこどもじゃない

だから

ゆっくり待てないし、泣きわめいて駄々こねれない。

どっちかになりたいけどどっちにもなれない。

大人ぶるあたしも子供ぶるあたしも

いなくてあたしはなんなのかな…?

たぶん大人にはなれないし子供に戻れない

けれど

大人になっても子供にもどっても

あたしはあたしなんだよね。



大人でも子供でもない

女の子です

たぶんずっと

変わらないのはアタシハアタシ



アナタハアナタ。











………………………

アタシハアタシで

アナタハアナタ。



化合できないし

混合できない



けれど涙はろ過できるかな?



あたしの涙はろ過されても

あなたの涙ろ過できない



未来は化学反応式。

突然爆発しないかと、突然変異をおこさないかと



あたしはいつも実験室でひとり

試験官をふりながらドキドキ。胸がたまに痛く。

うまく実験できません。

実験室でひとりたまに不安になります



うまく空白の時間をうめる薬を作りたいのに





出かけそこね 
出かけようって鍵もってかばんもったら

ビー玉のはいったグラスをおとしてしまった

あーあって拾って落胆だけど

写真におさめるのも

またひとつかしらん



ひっかき絵 
針でひっかくという行為

自傷癖のあるあたしには

以外にあってるかも…

絵というよりは

自傷行為。



やきいも 
やきいもいたしました

おちば やけ

そらは ゆうやけ

おいも は ほくほくやけました



おいしいあきの出来事です



晴れた日に 
薄いカーテンは光をよく通し

太陽の光のまぶしさに

朝寝坊しておこされる

ミルクパンでお湯をわかして

ちょこれいとを飲む甘い甘い茶色の液体はあたしを幸せにさせる

自転車をこいで

電車にのって

太陽のまぶしさに目を細めて



スキップしながらコンビニにいって

旅の切符を手に入れょう

駅からおりて

おうちにかえって

ママにパパにあまえて

あまずっぱいリンゴをかじろう



こんなはれた日は

スキップしながら

あるきます。



抹茶 
抹茶のみのみ

くっきい食べ食べ

雨の日のおやつは



手作りの味



抹茶をたてる湯をわかす音

茶筅で粉と湯をきるおとが

澄んできこえる

秋雨の日



チョコの味 
甘いけど苦くてしあわせなきぶんになったと思ったらくちのなかでとけてしまった

つぎのひとつぶをたべようかどうしようかと迷って

銀色のアルミ紙をはがしたきり。



なくなってしまうかなしさをなんとかうめようとしても

くちはにがくなっていくばかり

こんなにもささいなことで

不安になってさみしくなって

いつも手の中にないと泣いてしまう

子供なのかな…

そんなところ

おそらく

ちょこれいと依存症



しまいこんで 
旅立ちは

悲しいものと

誰が言い出したのかしら



さょならは

寂しいものと

誰が言い出したのかしら



そんなこと知らないけど

またねって

すぐあえるからと

笑顔で手をふれる人になるね。





だってサヨナラは切ないものね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。